SBIFXトレード|デイトレーダー達の評価は?評判と他社比較

大手証券会社であるSBI証券のグループである「SBIFXトレード」
ここなら安心して資産を預けられると、多くのデイトレーダーから選ばれています。

これから「SBIFXトレード」をスタートさせたい!
それなら、実際に取引を行っているトレーダーからの評価や評判、画面やアプリの使いやすさ。約定力やスプレッド、他社との違いなどに着目してみましょう。

業界唯一の試みも多い「SBIFXトレード」の魅力を、余すことなくご紹介いたします。

「SBIFXトレード」の特徴とは?

「SBIFXトレード」は、業界最狭水準のスプレッドと業界最良のスワップポイントが魅力のFXトレードサービスです。業界最安値のスプレッドやスワップポイントを求めているなら、是非口座を開設しておきたいですね。

FX取引では、手数料を求められる場合がありますが、「SBIFXトレード」の場合は、口座開設・維持手数料、取引手数料、入出金手数料、ロスカット手数料すべてが無料のため、お財布にやさしいFX取引を始められるでしょう。

「SBIFXトレード」には、業界唯一の積立FXというサービスもあります。手頃な金額からリスクを抑えた投資ができるため、FX初心者さんから人気となっています。

預けた資産は、FXクリアリング信託株式会社、株式会社三井住友銀行へ信託保管されているため、万が一SBIFXトレードが破綻してしまった場合も財産が健全に守られる点も特徴です。2017年からは、即時信託保全スタートもスタートし、入金した瞬間信託保全が行われるようになりました。

SBIグループが提供するサービスのため、約定力にも定評があります。スプレッドは狭いけれど約定力が低い……そんな悩みを解消するべく、SBIFXトレードへの乗り換える例が増えています。

「SBIFXトレード」の操作性をチェック!

「SBIFXトレード」では、Web、スマホともに非常に高機能な取引画面が用意されています。2018年7月には全面リニューアルされ、より使い勝手の良いデザインとなりました。

スマホ版の画面は、顔が音声、指紋などを利用した生体認証が行えるため、万が一スマホを落としてしまった場合も悪用される心配がありません。

投資家にとって必要な情報やボタンなどが幅広く用意された取引画面ですが、FX初心者の場合は慣れるのに時間がかかる場合が多いようです。最初のうちは100円あれば始められる1通貨単位の取引で画面操作に慣れてから、大きな取引へ発展させていくと良いでしょう。

「使いにくい」「画面が分かりづらい」といった声もありますが、一度慣れてしまうともう別会社の画面には戻れない!という意見も多く聞かれます。
FX取引を長く着実に楽しむためにも、操作を覚えることから始めてみましょう。

スマホ画面でもパソコンと変わらない取引ができるため、出先や仕事の合間時間を有効活用できますよ。

「SBIFXトレード」を使用してみた評価や評判は?

次に、「SBIFXトレード」を使ってみた先輩の評価や評判をチェックしてみましょう。良い点、気を付けた方が良い点などを覚えておくことで、取引が行いやすくなりますよ。

「SBIFXトレード」での取引を行っている方から、もっとも多く聞かれたのがSBIグループという信頼でした。様々な投資に携わってきたSBIだからこその、きめ細やかな対応やサービスに人気が集中しているようです。

口コミの評判をさらに詳しく見ていくと、やはりスプレッドの狭さに定評がありました。スプレッド原則固定化キャンペーンなども展開されているため、取引へ上手に活用していきたいですね。

各種のFX口座ランキングをチェックしてみると、スプレッド面、手数料面、安心面など様々な部分で上位を獲得していることも分かります。同じ口座で株式取引などもできるため、FXだけでなく投資先を分散したい方にも便利な企業と言えるでしょう。

他社と「SBIFXトレード」の強みや弱み、注意点をチェック

それでは、他社のFXサービスと「SBIFXトレード」には、どのような違いがあるのでしょうか? 「SBIFXトレード」が持っているメリット・デメリットをチェックしながら、良い点悪い点を確認していきましょう。

「SBIFXトレード」を利用するメリットは、やはり独自のサービスにあります。「1通貨単位で取引ができる」「積立FXが用意されている」といった部分は、他社にはないサービスのため、FX初心者さんが安心してスタートするなら「SBIFXトレード」が強い味方となるでしょう。

また、FX取引は経済指標発表時などにスプレッドが開いてしまう場合があります。しかし「SBIFXトレード」では、25のインターバンクと取引を行い、スプレッドが広がらないよう対応してくれる点も評価されています。

FX業界初と言われるサービス向上委員会の存在も忘れてはいけません。投資家から「SBIFXトレード」へ直接意見を伝えられることで、より良いサービス開発や情報公開などにつながっています。

このようにメリットの多い「SBIFXトレード」ですが、多少のデメリットもあります。
「取引画面に慣れるまで時間がかかること」「外貨での出金はできないこと」「デモトレードが行えない」といった点が、弱みとして挙げられるでしょう。

取引画面については、触れれば触れるほど理解できるようになるため低価格で良いですから、積極的にいろいろ試してみましょう。

デモトレードが行えない点については、1通貨からFX取引のできる「SBIFXトレード」なら大きな問題ではありません。デモと実際の画面が違うという業者もあるため、1通貨から慣れられる「SBIFXトレード」の方が良いという意見もあります。

新規にFX口座を開設したり、その他のFX業者から「SBIFXトレード」へ切り替えたりする場合は、これらの点に注意し移動するようにしましょう。

どんな人が「SBIFXトレード」に向いているの?

「SBIFXトレード」に向いているのは、なんといってもFX初心者の方です。
米ドル/円のスプレッドが0.27銭、スプレッドが広がりにくい、大手グループが運営しているなど、多くの安心材料が用意されているため、不安なくFXの世界へ飛び込めるでしょう。

少しの資産からFX投資を始めたい方にも、「SBIFXトレード」はおすすめです。これまでは1万通貨での取引が当たり前だったFX業界で、1通貨取引を可能にしたのは「SBIFXトレード」の功績と言えるでしょう。

その他のFX会社でも同じような取り組みがされていますが、現状では1000通貨単位が最低ラインとなっています。約100円から、徐々にFXに慣れて行ける環境は、多数の先輩投資家が羨むほど、業界を一新するものなのです。

デイトレーダーやスキャルピング取引を行いたい方にも、スプレッドの狭い「SBIFXトレード」が使いやすいと評判ですよ。

SBI FXトレードについてさいごに

「SBIFXトレード」は、後からFXサービスに参入した企業です。それにも関わらず、多くの投資家から愛されているのは、スプレッドの狭さや独自のサービス展開、投資家に優しい配慮などで差をつけているからでしょう。

「SBIFXトレード」で口座開設しようかどうか迷っている方も、まずは新規登録してみるのがおすすめです。1通貨(およそ4円)でFXを始められる「SBIFXトレード」では、新規開設で500円の入金特典が受け取れますので、その500円でまず運用を行ってみながら、相性の良さを確認してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です