日経225先物取引のチャート分析におすすめするツール、アプリ比較

このページをご覧になっている皆さんは日経225先物取引をするにはチャート分析をするテクニカル派の方であると思います。

証券会社から提供されるツールやアプリはもちろん取引には必須なのですか、分析するとなると不便に思う事もきっとあるはずです。

早速、結論からするとmt4とトレーディングビューがおすすめなのですが、どういった点からおすすめなのか?また比較するとどんな所が違うのか?など紹介しています。

日経225先物チャートオススメ分析ツール&アプリ

mt4

メタウォーツが提供するチャートソフトでトレーダーの定番になっています。為替から世界株価、商品など色々と分析出来る上にプログラムが必要にはなりますが、システムトレードをする事も可能になっているとても高性能なツールで無料で利用出来るのが強みとなってます。

トレーディングビュー


mt4と並ぶトレーダー定番ツールですが、インジケーターや設定に拘りがある方には無料で利用するとなると不向きです。

ただし有料プランにすればmt4よりも使い勝手が良く、株式や先物もチャート分析可能になります。また、リプレイ機能を使えば過去の値動きを再現して検証に役立ちます。

MT4&トレーディングビュー比較

比較表

項目MT4トレーディングビュー
先物×
株式△ (※一部銘柄有)
FX
CFD
取引性×
カスタマイズ性
料金△(有料プラン有)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です