「FXデイトレード 」取引スタイル別におすすめする通貨ペア

デイトレードの中でも短期や中期、長期での取引をする人に分かれていますよね。
また、取りにいく幅であったり色々なスタイルによっても違ったりするので十人十色です。

株のトレードでは上場4,000銘柄以上の中から探し出す必要性があるので選択肢がありすぎて迷いやすいような人には迷いの元になると思います。
その点、FXは通貨数が少ししかないので相性の合う通貨ペアが見つけやすいですね。

ここでは自分の取引スタイルに合った通貨ペアは何?を中心に通貨ペアの簡単な特徴も交えながら解説していますので以下のような方に参考になるはずです。

・トレンド中の節目ブレイクを狙った順張りの中の順張り派
・トレンド中の押し目や戻りを狙った順張りの中の逆張り派
・スキャルピングで取れる所は何回も取引したい
・比較的落ち着いた値動きの中で取引したい
・ボラティリティが高くて動きが荒くても大きく取りたい

スキャルピングにおすすめする3つの通貨ペア

スプレッドが狭くて取引量の多い通貨ペアを狙う

デイトレードをする上で避けては通れないのが手数料とスプレッド。手数料がある業者はほぼないのでここでは省きますが、いくらスキャルピングで利益を出したとしてもスプレッド負けをしてしまってはなんの為の取引なのか分かりませんね。
誰もが利益を残す為にトレードしているはずなのでスプレッドの狭さはコスト面で考慮するべき点です。

また、いつでも取引出来るような出来高が必要なので取引量の多さも必須事項と言えます。それらの点から以下3つの通貨ペアがスキャルピングにおすすめです。

・ドル円(USD/JPY)
・ユーロ円(EUR/JPY)
・ユーロドル(EUR/USD)

投資侍

この中でも特にズバ抜けて多いのがユーロドルで世界一の流通量を誇るほどでござる

どこのFX業者(店頭取引)を利用してもこれらの3通貨ペアは片道1pips以下でスプレッドが狭いはずです。

当サイトがおすすめするFX業者はこちらを参照

投資侍

小さな値幅を取る短期デイトレーダーなら1pips以上のスプレッドなら取引しない方が良いでござるな

大きな値動きで勝ちたい!ハイリスクハイリターンを狙う人向け

ドル円やユーロドルのような比較的穏やかな動きの中でのトレードでは刺激が足りないと思う人も結構多いので、そのような値動きが激しい通貨としてはこの2通貨をおすすめします。

・ポンド円(GBP/JPY)
・ポンドドル(GBP/USD)

ハイリスクハイリターンですが、上手くトレードがハマるとドル円とは比べ物にならないぐらいの利益が残ります。
リターン=リスクなので初心者トレーダーはすぐに破滅の道へと進んで行ってしまう可能性があるので注意が必要です。

投資侍

ポンド円やポンドドルのデイトレなら一回のトレードにつき500pipsぐらいの値幅が取れたりする事があるでござる

デモトレ&エアトレで通貨との相性把握

全く取引した事がない人はデモトレードをして通貨ペア特有の値動きを知る意味もありますが、注文方法や管理画面の見方などを知っておく必要があります。

注文方法は分かっているけど通貨ごとの動きを把握したい人はエアートレードをして実際のお金を入れずに取引するのがオススメです。

もちろん中には少額でもいいからお金を賭けないと本気になれない人もいるのでそれぞれ自身に合った方法を見つけて相性の良い通貨ペアを見つけたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です